鳥取・北栄で除籍の民具470点「お別れ展示」

北栄町が「お別れ展示」する民具の数々。かつて営まれた養蚕の道具などが並ぶ
 鳥取県北栄町が所蔵する民具資料約2200点を整理し、不要と判断した約470点を「お別れ展示」と銘打って13日から展示し、希望者に引き取ってもらう。先人の生活を支えた品々や寄贈者に敬意を示すとともに、同種の品を集める自治体などに譲ることで価値が高まるのではと期待する。

 整理を手伝った県ミュージアム・ネットワークによると、民具資料が手つかずのまま物置に眠る例も多い中、珍しい試み。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年7月12日 無断転載禁止