東京五輪の公式イベント 石見神楽上演目指す

関係者が東京五輪・パラリンピックの公式イベントでの上演を目指している石見神楽(資料)
 島根県西部の自治体や石見神楽団体が、2020年の東京五輪・パラリンピック組織委員会が手掛ける公式イベントで神楽上演を目指している。地域の代表的な伝統文化の魅力を世界に発信し、インバウンドの促進につなげるのが狙い。五輪関連の別のイベントでの上演が、選考で「落選」した経緯もあり、関係者が巻き返しを誓っている。

 公式イベントは「東京2020NIPPONフェスティバル」。大会組織委員会が全国の自治体などと協力し、世界の注目が東京に集まる20年4~9月ごろ、都内を中心とした会場で「共生社会の実現」や「東北復興」などをテーマに多彩なイベントを繰り広げる。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年7月12日 無断転載禁止