思い思いトンネル彩る 松江・古江小3年生 絵描き完成心待ち

描いた絵の前で記念写真に納まる児童たち
 島根県が松江市鹿島町古浦と同市西長江町間で整備を進めている古浦西長江トンネル(全長1.2キロ、片側1車線)で12日、近くの市立古江小学校(松江市古曽志町)の3年生が、トンネル内の防水シートに描いた自作の絵を眺め、完成を心待ちにした。

 県と、今井産業と大福工業、堀工務店の県内3社でつくる特別共同企業体が、愛着を持ってほしいと2017年春に呼び掛け、同校が地域学習の一環として取り組んだ。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年7月13日 無断転載禁止