原発3号機申請 出雲市 中電に了承伝達

島根原発3号機の審査申請を了承する文書を岩崎昭正島根原子力本部長(右)に手渡す長岡秀人市長=出雲市今市町、市役所
 中国電力島根原発3号機(松江市鹿島町片句)の原子力規制委員会への新規制基準適合性審査申請を認める方針を示していた出雲市の長岡秀人市長が12日、同市今市町の市役所を訪れた中電の岩崎昭正島根原子力本部長に了承を文書で伝えるとともに、立地自治体並みの安全協定の早期締結を改めて強く求めた。

 安全協定の早期締結は、審査申請を認める付帯意見8項目のうち「特に強く要望する」と明記。長岡市長は「(稼働判断など)今後いろいろな段階が想定される中で、しっかりした協定の締結が一番重要になる」と強調した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年7月13日 無断転載禁止