今年もやります海の家 県大生有志 にぎわい創出に一役 津田海岸

海の家の開設を知らせるチラシを仕分ける県立大生たち
 県立大(浜田市野原町)の学生有志15人が14日、益田市津田町の津田海岸そばの古民家を改修した海の家「レリエ」を昨夏に続いて開く。若者が集う場として、学生が主体となって企画、運営し、地域のにぎわい創出に一役買う。

 建物は木造一部2階建て延べ床面積約500平方メートル。今年は4月から、地元住民のサポートを受けてシャワー室などを整備した。

 学生代表の今村充晴さん(22)=総合政策学部3年=らメンバーがこのほど、PRチラシを3500部作成し、地元住民に配ったほか、市教育委員会を通じて市内の小中学校に配布した。

 14日午後4時からオープニングイベントがあり、県立大生による大道芸披露、神楽公演などを予定。8月19日まで開き、浮輪やビーチパラソルの貸し出し、飲食物販売なども行う。営業時間は午前10時~午後5時。

 今村代表は「開設期間中はバーベキューやビーチバレー大会、音楽ライブなど多彩な催しを準備している。今年の夏、津田町を島根で一番アツい町にしたい。多くの人に来てほしい」と話した。

2018年7月14日 無断転載禁止