米大リーグ、田中は8勝目ならず 前田は7勝目、大谷三振

 インディアンス戦に先発し、7回途中2失点のヤンキース・田中=クリーブランド(共同)

 【クリーブランド共同】米大リーグは15日、各地で前半戦の最終戦が行われ、ヤンキースの田中はクリーブランドでのインディアンス戦に先発し、6回1/3を本塁打を含む6安打2失点、5三振1四球と好投したが、勝敗は付かず8勝目はならなかった。チームは2―5で敗れた。

 ドジャースの前田はエンゼルス戦で3―3の七回途中に救援登板し、死球で2死満塁とされたが後続を三振に取り、1/3回を無失点。その裏にチームが勝ち越し、7勝目(5敗)が付いた。エンゼルスの大谷は九回に代打で出場して空振り三振に倒れた。試合はドジャースが5―3で勝った。

共同通信社 2018年7月16日 無断転載禁止