100回目の「球児の夏」開幕 夏の高校野球島根大会

【1回戦・矢上-浜田】4回表浜田2死満塁、為石大智が左翼線への3点適時二塁打を放ち、5-2と勝ち越す=松江市営野球場
 第100回全国高校野球選手権記念島根大会は15日、松江市営野球場で開幕した。1回戦1試合を行い、2年連続で開幕試合に登場した浜田が7―6で矢上を振り切った。

 開会式では、昨年優勝の開星を先頭に出場39校が力強く行進。大田の浜泰生主将が選手宣誓した。

 大会は休養日などを除く10日間の日程で、順調に進めば26日に決勝がある。

 浜田 矢上振り切る

 浜田が4投手の継投でしのいだ。開幕試合の気負いで初回はミスが目立ったが、二回以降は矢上の強力打線にビッグイニングをつくらせなかった。

 浜田は四回、中田の左中間二塁打で同点。四球や中村の安打などで二死満塁とし、為石の3点適時二塁打で勝ち越した。六回の横田の2点本塁打も大きかった。先発為石は5回3失点と粘投した。

 矢上は初回に安打や2四球に敵失が絡み2点を先制。終盤は柘植、小泉の適時打や上田寛の犠飛で1点ずつ返した。14安打を放ちながら14残塁と崩しきれなかった。

【15日の成績】

○…松江市営野球場…○

 ▽1回戦

浜   田 7―6 矢   上

【16日の試合】

○…松江市営野球場…○

 ▽1回戦

邇  摩―出 雲(9:00)
明  誠―松江工(11:30)
松 江 北―出雲商(14:00)

○…県立浜山球場…○

 ▽1回戦

安  来―浜田水産(9:00)
島根中央―益田翔陽(11:30)
出雲北陵―出雲工(14:00)

2018年7月16日 無断転載禁止