FIFA、サプライズスターに乾 W杯で5人選出

 日本―ベルギー戦後半、2点目のゴールを決め、駆けだす乾。右は香川=ロストフナドヌー(共同)

 【ジュネーブ共同】国際サッカー連盟(FIFA)は16日、15日に閉幕したワールドカップロシア大会で一躍脚光を浴びた「サプライズスター」5選手を選出して発表し、日本代表の乾貴士(ベティス)が入った。乾は出場4試合で2得点し、2大会ぶりとなる日本の16強入りに大きく貢献した。

 FIFAの公式サイトは決勝トーナメント1回戦のベルギー戦で決めた無回転ミドルシュートの動画とともに乾を紹介し「素早いパス回しとノンストップなダイナミズムという“サムライブルー”の継承者はサイドにおける創造性の中心として光り輝き、ゴール、創意工夫、ひらめきをもたらした」と高く評価した。

共同通信社 2018年7月17日 無断転載禁止