吹奏楽や神楽 多彩な舞台 青原 にぎやかに夏祭り

息の合った演奏を披露する益田東中学校の吹奏楽部員
 津和野町青原の住民有志が企画した「あおはらきんちゃい夏祭り」が15日、同地区の建設業・長嶺建設前であり、吹奏楽やダンス、石見神楽など多彩なステージを来場者が楽しんだ。

 益田東中学校吹奏楽部の演奏で幕開け。アニメソングやジャズを演奏し、音楽に合わせて踊りや歌を披露した。演歌歌手を目指しているという益田東高校1年の桑原孝太朗さん(16)は、北島三郎さんの「まつり」など4曲を熱唱し、会場を沸かせた。

 このほか、フラダンス団体のステージ、有志によるアコースティックライブ、木ノ口神楽社中の石見神楽上演などがあった。

 地元の永嶺孝一さん(67)は「毎年楽しみにしている。今後も続けて夏の風物詩として定着してほしい」と話した。

 祭りは、地域のにぎわい創出を目的に「青原をもっと元気にする会」が2016年から毎年開いている。

2018年7月17日 無断転載禁止