女子ログ パパカレーの隠し味

 最近、夫が料理を作ることが増えた。もともと、夫は子どものときから料理やお菓子作りが好きだった。調理の仕事もしていたこともあり、私よりも慣れていてはるかに手際がいい。

 ある日、育児に疲れてクタクタになった私を心配した夫がカレーを作り始めた。そのカレーが疲れきった体に染みておいしかったので「うまい、うまい」とバクバク勢いよく食べておかわりもした。

 それからというもの、夫が時間に余裕があるときはよくカレーを作ってくれるようになった。毎回、食べるときに隠し味がしょうゆやらリンゴのすりおろしだなどと語る。日によって隠し味が違うらしい。違いがよく分からないが、おいしいことには変わりないので「へーそうなんだー」と言いながら、スプーンを持つ手を動かしている。

 カレーは大量に作ると翌々日まで持つこともあり、食べ飽きることもあるが、数日間は料理を作る時間や手間が省けるのでとてもありがたい。

 そんなパパカレーには少しでも私をラクさせてあげようとする優しい隠し味がたっぷりとつまっている。

 楽しそうにカレー作りをするパパの背中が、これから成長する子どもに、食事は楽しいものなんだという良い思い出になればうれしい。

  (鳥取県大山町・茶ノ丸)

2018年7月17日 無断転載禁止