敦賀原発に廃棄物送り返す 日本原燃、測定不具合で

 国内4原発の低レベル放射性廃棄物の放射能測定機器に不具合があった問題で、受け入れ先の日本原燃は17日までに、低レベル放射性廃棄物入りドラム缶計14本を日本原子力発電敦賀原発(福井県)に送り返した。四国電力伊方原発(愛媛県)についても本年度中に返送する方針。

 日本原燃によると、敦賀原発へ返送したのは、データに不具合のあった12本と、ゆがみがあり取り扱いできなかった2本。敦賀原発側は14日に受け取りを完了した。伊方原発は2本が返送対象。

共同通信社 2018年7月17日 無断転載禁止