御嶽海が10連勝、首位キープ 後続と2差、高安3敗目

 御嶽海が寄り切りで輝を下す=ドルフィンズアリーナ

 大相撲名古屋場所10日目(17日・ドルフィンズアリーナ)関脇御嶽海は平幕の輝を勢いよく寄り切り、初日からの10連勝で単独首位をキープした。ただ一人1敗だった平幕朝乃山が敗れたため、後続とは2差がついた。

 大関高安は魁聖の小手投げに屈して、3敗に後退。大関豪栄道は小結松鳳山を突き落として7勝目を挙げた。松鳳山は負け越した。

 全勝の御嶽海を追う2敗は、朝乃山と栃煌山の平幕2人。十両は貴ノ岩が勝ち、1敗で単独トップを守った。

共同通信社 2018年7月17日 無断転載禁止