二代目南龍を11月に襲名 上方講談の旭堂南青さん

 二代目旭堂南龍を襲名する講談師の旭堂南青さん。右は師匠の旭堂南左衛門さん=18日午後、大阪市

 上方講談協会に所属する講談師の旭堂南青さん(38)が18日、大阪市内で記者会見を開き、11月に真打ちに昇進し二代目旭堂南龍を襲名すると発表した。南青さんは「若い人が『弟子になりたい』と思うような魂を込めた講談を見せたい」と抱負を述べた。

 上方の講談界で真打ち制度は長く途切れており、真打ち誕生は27年ぶり。南青さんの師匠の旭堂南左衛門さん(64)は「真打ちとしての責任を持ち、人のため活動してほしい」と話した。

 南青さんは2004年に南左衛門さんに入門。明治時代の人気講談師「藤井南龍」の名を継ぐ。披露講談会は11月10日、大阪市の中央電気倶楽部大ホールで。

共同通信社 2018年7月18日 無断転載禁止