和牛のロールずし堪能 大山開山祭 記念料理試食会

大山に見立てた、鳥取和牛のロールずし
 鳥取県西部の飲食店でつくる「名物料理を作る会」と、県西部地域の魅力を発信するプロジェクト「大山時間」を推進する県西部7商工会が18日、米子市西福原1丁目のスマイルホテル米子で、共同イベントを開き、記念料理の披露などで大山開山1300年祭をPRした。

 名物料理を作る会は、記念料理の開発や情報発信、7商工会はプロジェクト「大山時間」で、オリジナル商品の開発などに取り組む。同一エリアで活動していることから初めて連携し、今後も、ともに大山の魅力を発信する。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年7月19日 無断転載禁止