脚本家の橋本忍さんが死去 「羅生門」「七人の侍」

 死去した橋本忍さん

 「羅生門」「七人の侍」などの名作を手掛け、日本映画を代表する脚本家だった橋本忍(はしもと・しのぶ)さんが19日午前9時26分、肺炎のため死去した。100歳。兵庫県出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は長女綾(あや)さん。

 善と悪、愛と憎しみなどの対立概念を巧みに作品に織り込んで人間の本質を探究し、日本映画の黄金時代を支えたシナリオライターだった。

 旧国鉄に勤務し、軍隊を病気で除隊後、伊丹万作監督に師事。黒沢明監督と脚本を共作した1950年の「羅生門」がベネチア国際映画祭金獅子賞などの映画賞を獲得、一躍脚光を浴びた。

共同通信社 2018年7月20日 無断転載禁止