夏の高校野球島根大会 出雲商エース 要所で好投

【2回戦・松江工-出雲商】9回1失点に抑え、チームメートとタッチを交わす出雲商の先発森広健太(左から4人目)=松江市営野球場
 第100回全国高校野球選手権記念島根大会第5日は19日、松江市営野球場と県立浜山球場で2回戦の残り4試合があり、出雲、出雲商、浜田、島根中央が3回戦に進んだ。

 浜田はワンチャンスをものにし、継投で完封した。出雲商は投手を中心に守り勝った。

 20日は終業式のため、試合はない。21日は3回戦が始まり、石見智翠館などシード4校が登場。開星―益田東は昨夏決勝と同カードで、大東―立正大淞南の一戦にも注目だ。


松江工 9安打実らず

 【評】出雲商が小技を絡めた攻撃で接戦を制した。

 初回、1番三浦の右前打と犠打、飯塚の右前打で1死一、三塁とし、二ゴロの併殺崩れで先制。四回は2本の安打と犠打で2死一、三塁とすると、森広の投手を強襲する安打で勝ち越した。七回には飯塚の中犠飛で貴重な追加点を挙げた。

 再三のピンチを招いた先発・森広は、丁寧な投球で要所を押さえて1失点と好投した。

 松江工は9安打を放つも、好機にもう一本が出なかった。


【19日の成績】

○…松江市営野球場…○

 ▽2回戦

出   雲 8―0 津 和 野 (7回コールド)
出 雲 商 3―1 松 江 工

○…県立浜山球場…○

 ▽2回戦

浜   田 4―0 安   来
島 根 中 央 5―0 出 雲 工

【21日の試合】

○…松江市営野球場…○

 ▽3回戦

石見智翠館―三 刀 屋(10:00)
松 江 南―大   社(12:30)

○…県立浜山球場…○

 ▽3回戦

開   星―益 田 東(10:00)
大   東―立正大淞南(12:30)

2018年7月20日 無断転載禁止