藤井七段が2連勝 将棋、順位戦C級1組

 藤井聡太七段

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)は20日、大阪市の関西将棋会館で指された第77期名人戦順位戦C級1組で森下卓九段(52)を破り、2戦2勝とした。19日に16歳となり、最初の対局を白星で飾った。

 名人挑戦者を決める順位戦は最上位のA級からC級2組まで5クラスあり、A級の優勝者が名人挑戦者となる。各10局を戦うC級1組は今期39人が参加し、上位2人がB級2組へ昇格する。

 この対局は6月19日に行われる予定だったが、大阪府北部地震の影響で延期となっていた。

共同通信社 2018年7月20日 無断転載禁止