高校野球、日程変更や応援自粛 地方大会で猛暑対策

 全国高校野球選手権東東京大会の会場で、汗をぬぐいながら応援する高校生=19日、東京都江戸川区

 第100回全国高校野球選手権大会への出場を懸けた地方大会は、21日に北北海道大会で最初の代表校が決まる。各地で大詰めを迎える中、猛暑で選手が体調不良を訴えたり、観客が熱中症の症状で病院に搬送されたりするケースが相次ぎ、各都道府県の高野連は20日、日程変更や応援自粛などの対応策を発表した。

 滋賀大会は当初21、22日の2日間で3回戦8試合を行う予定だったが、21~24日の4日間に分散。暑さが厳しい時間帯を避け、各日いずれも第1試合を午前8時半開始で2試合とした。準々決勝と準決勝も第1試合は午前8時半開始とし、28日に順延された決勝は午後3時に始まる。

共同通信社 2018年7月20日 無断転載禁止