福井領土担当相が隠岐入り 竹島歴史館など視察へ

 竹島(島根県隠岐の島町、韓国名・独島(トクト))の領有権問題などを担う福井照領土問題担当相が21、22の両日、島根県隠岐の島町を訪れ、竹島漁猟の資料を展示する同町久見の久見竹島歴史館などを視察する。政府が20日公表した。担当相の隠岐訪問は初めてで、今後、国内外に向けた情報発信強化につなげる。

 領土問題担当相は2012年に設置されたポストで、2年前の久見竹島歴史館開設時に当時の島尻安伊子担当相が訪問を検討したが、実現しなかった。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年7月21日 無断転載禁止