御嶽初制覇、13勝1敗 関脇3年ぶり、両大関5敗

 大相撲名古屋場所で初優勝を決め、タイを手に笑顔の御嶽海=21日、愛知県犬山市の出羽海部屋宿舎

 大相撲名古屋場所14日目(21日・ドルフィンズアリーナ)単独トップの関脇御嶽海が平幕栃煌山を寄り切り、13勝1敗で初優勝を飾った。関脇の優勝は2015年夏場所の照ノ富士以来3年ぶり、日本勢の制覇は昨年春場所の横綱稀勢の里以来8場所ぶりとなった。

 東洋大出身の御嶽海は初土俵から21場所目で、年6場所制となった1958年以降、出島と並び3番目の速さ。平成生まれの日本出身力士で初。

 大関豪栄道は関脇逸ノ城の引き落としに屈し、大関高安は豊山に押し出され、ともに5敗目。逸ノ城は7勝目、豊山と朝乃山は11勝目を挙げた。十両は貴ノ岩が勝ち、1敗で単独首位を守った。

共同通信社 2018年7月21日 無断転載禁止