遠藤がシントトロイデンへ移籍 J1浦和、W杯日本代表DF

 J1浦和の遠藤航

 J1浦和は21日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本代表DF遠藤航(25)がベルギー1部リーグのシントトロイデンに完全移籍することで基本合意したと発表した。22日のC大阪戦が出発前最後の試合となる。

 湘南ユース出身の遠藤は2010年に湘南でJリーグデビューし、16年に浦和へ移籍。同年のリオデジャネイロ五輪に出場し、主将を務めた。初選出のW杯ロシア大会では出場機会がなかった。クラブを通じ「さまざまな思いがある中で決断した。浦和には2年半、お世話になり、成長させていただいた」とコメントした。

共同通信社 2018年7月21日 無断転載禁止