夏の高校野球島根大会 益田東 迫力の一発攻勢

【3回戦・開星-益田東】1回裏益田東1死一、二塁、稲林隼人が右翼席へ先制の3点本塁打を放つ=県立浜山球場
 第100回全国高校野球選手権記念島根大会第6日は21日、松江市営野球場と県立浜山球場で3回戦4試合があり、昨夏準優勝の益田東が2連覇を狙った第2シードの開星を破った。シード校の石見智翠館、立正大淞南、大社も8強に進んだ。

 益田東は一発攻勢で突き放し、石見智翠館は中盤までのリードを守り切った。立正大淞南、大社はともに攻守がかみ合い、コールド勝ちした。

 第7日は22日、3回戦の残り4試合があり、8強が出そろう。

 昨夏V開星 反撃及ばず

 【評】3点本塁打2本とソロ本塁打を放った益田東が、前年覇者の開星を破った。

 益田東は初回、首藤、藤本の連打で1死一、二塁とし、稲林の右越え本塁打で先制。安田も左翼席へ運んだ。追加点が欲しい六回は乾豊の左越え3点本塁打で突き放した。

 主戦和田は球威のある直球を武器に粘り、バックが3併殺でもり立てた。

 開星は得点圏に再三走者を進めながら、堅守に阻まれた。九回に代打森岡の本塁打で3点を返したが及ばなかった。

【21日の成績】

 ○…松江市営野球場…○

 ▽3回戦
石見智翠館 8ー6 三 刀 屋
大   社 7ー0 松 江 南
(7回コールド)

 ○…県立浜山球場…○
 ▽3回戦
益 田 東 8ー5 開   星
立正大淞南 11ー0 大  東
(5回コールド)

【22日の試合】

 ○…松江市営野球場…○
 ▽3回戦
江   津ー出   雲(10:00)
出 雲 商ー松 江 商(12:30)

 ○…県立浜山球場…○
 ▽3回戦
益  田ー浜   田(10:00)
島根中央ー松 江 西(12:30)

2018年7月22日 無断転載禁止