サッカーW杯司令塔の柴崎が離日 スペインへ「自信持って臨む」

 スペインへの出発を前に取材に応じる柴崎岳=23日午前、羽田空港

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で日本の司令塔として活躍し、スペイン1部リーグのヘタフェに所属するMF柴崎岳(26)が23日、現地への出発前に羽田空港で取材に応じ「W杯で、あのようなレベルでもやれるのを証明できた。自信を持って新シーズンに臨みたい」と意気込みを語った。

 W杯後に女優の真野恵里菜さんとの結婚を発表し、旅行をしてリフレッシュしたという。次のW杯に向けた再スタート。「4年後というのはまだ漠然としている。目の前の1試合、1試合を大切に戦い、その先にW杯があるのを頭の片隅に意識しながらシーズンを過ごしたい」と話した。

共同通信社 2018年7月23日 無断転載禁止