沖縄訪問 児童心待ち 境港

伊平屋村での歓迎交流会で披露する歌を練習する境港の小学5年生
 鳥取県境港市内7小学校の5年生16人が28日から3泊4日の日程で、沖縄県伊平屋村を訪れ交流する。訪問を前に事前学習会が24日、境港市上道町の市保健 相談センターであり、歓迎交流会で披露する歌や劇の練習に励んだ。

 交流は、同村産モズクを加工する「海産物のきむらや」(境港市渡町)の支援で1996年度から実施。夏は境港市の児童が伊平屋村で海水浴や観光を楽しみ、冬は伊平屋村の児童が境港市を訪れスキーなどを通し交流を深めている。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年7月25日 無断転載禁止