島根県中学野球 開会式 23チーム全力プレー誓う

力強く選手宣誓する大東の森山大朗主将=雲南市加茂町神原、加茂中央公園スポーツの丘野球場
 第72回島根県中学校優勝野球大会(島根県中体連、山陰中央新報社など主催、島根電工特別協賛)の開会式が24日、雲南市加茂町神原の加茂中央公園スポーツの丘野球場であり、地区予選などを勝ち抜いた23チームの選手が健闘を誓った。試合は25日から3日間、同球場を主会場に行われる。

 開会式は、厳しい暑さを考慮して行進を中止し、外野に整列した選手が前進して開始。大会長の岩田靖県中体連会長が「チームメートを信じ、声援を力に変えて一戦一戦乗り越えてほしい」とあいさつし、山陰中央新報社の松尾倫男社長は「地区予選で敗れた学校の分まで頑張り、全国的な大災害に遭った仲間のことも思いながら、全力でプレーしてほしい」と激励した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年7月25日 無断転載禁止