省庁別の残業、最長は厚労省職員 5年連続、国会対応が要因

 中央省庁の労働組合でつくる「霞が関国家公務員労働組合共闘会議」は25日、2017年は職員が月平均33時間の残業をしていたとするアンケート結果を公表した。省庁別では厚生労働省の厚生部門が最長の53・1時間。同省の労働部門が49・1時間、経済産業省の本省が48・1時間の順で、働き方改革を推進する厚労省がワースト1、2を占める結果となった。厚生部門が最長となるのは5年連続。

 アンケートで残業の要因を複数回答で尋ねたところ、「業務量が多い」が57・0%で最多。「国会対応」が30・2%、「人員配置が不適切」が28・2%。厚労省では約半数が国会対応を挙げた。

共同通信社 2018年7月25日 無断転載禁止