豪雨で中止の観覧船再開、岐阜 長良川鵜飼

 運航が再開された観覧船から「長良川鵜飼」の漁を楽しむ乗客=25日夜、岐阜市

 豪雨の影響で中止していた岐阜市の伝統漁「長良川鵜飼」の観覧船の運航が25日夜、再開した。観光客ら約800人が次々と乗り込み、船の上から岐阜の夏の風物詩を楽しんだ。

 打ち上げ花火が始まりを告げ、鵜匠が巧みにウを操る様子を乗客が写真に収めた。友達と一緒に来た岐阜市の小学6年市川仁菜さん(11)は「5月から予約していたので再開して良かった。かがり火の熱さが伝わってくるほど近く、迫力があった」と笑顔だった。

 長良川鵜飼は豪雨で4日から中止。漁は14日に再開したが、乗り場に流れ込んだ土砂の除去作業などのため観覧船は運航できず、河川敷から見学する状態が続いていた。

共同通信社 2018年7月25日 無断転載禁止