大リーグ、大谷が9号2ラン 5月以来の2番で2桁王手

 ホワイトソックス戦の5回、右中間に9号2ランを放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同) ホワイトソックス戦の1回、空振り三振に倒れるエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

 【アナハイム共同】米大リーグは25日、各地で行われ、エンゼルスの大谷がアナハイムでのホワイトソックス戦に「2番・指名打者」でフル出場し、3―2の五回に9号2ランを放って4打数1安打2打点、1得点で1四球3三振だった。チームは11―3で勝った。

 大谷の2番は5月以来で、メジャー1年目での2桁本塁打にあと1本とした。同僚のプホルスは通算631本塁打をマークし、ケン・グリフィーを抜いて歴代単独6位に浮上した。

共同通信社 2018年7月26日 無断転載禁止