レッツ連歌(下房桃菴)・7月26日付

(挿絵・Azu)
 既に紙面でご承知のことと存じますが、「さんいんユーモア連歌大賞」(山陰中央新報社)が創設されました。従来の「連歌甲子園」を発展させて、一般のかたにも参加していただこうという試みです。

 初回の前句は

  ちょっとだけズレてしまったタイミング

  海の日もある山の日もある

の二つ。

 「レッツ」ファンの皆さんはもとより、日本全国津々浦々の友人知人親戚縁者のかたがたにもご宣伝願って、多数ご応募くださいますよう、お願い申しあげます。

 締め切りは9月25日。詳しくは、山陰中央新報社のホームページをご覧ください。

           ◇

◎ドクダミはお茶タンポポはサラダにし

楽しみになるヘルスメーター  (松江)森廣 典子

田舎カフェーは大入り満員   (松江)花井 寛子

家の周りはいつもスッキリ   (出雲)石飛 富夫

実家の母がまた長電話     (美郷)源  連城

◎長生きはするもんだナとジジは泣き

伝統神楽孫が受け継ぎ     (松江)野津 重夫

◎一つだけ紙貼りつけて残されて

非売とあればなお欲しくなる(埼玉・所沢)栗田 枝

◎年金の支給日まではカップ麺

奇数月にはアルバイトする   (益田)兼子 哲彦

◎行列を作って客が待っている

趣味で始めたタロット占い   (出雲)野村たまえ

◎男にはぜったいできぬことがあり

一流店で値切る神経      (飯南)塩田美代子

◎ナンパされ案山子思わず頬を染め

こんな野良着じゃ出かけられない(浜田)山崎 重子

◎そんなことまでしていたのお父さん

今日もボウズでスーパーの鯛  (安来)根来 正幸

◎見送って一人たたずむ事務次官

あいつが悪いわけじゃないのに (松江)田中 堂太

◎今日もまた実家の整理はかどらず

鑑定団の好きな兄弟      (出雲)黒田千華子

◎三十年妻に弱みを握られて

我慢強いと皆に褒められ    (松江)川津  蛙

◎久々のお酌に夫目を細め

嫁いだ娘里帰りして      (出雲)原  陽子

なにかのサイン心うきうき   (川本)高砂瀬喜美

気づいていないバレたヘソクリ (松江)三島 啓克

◎眠たくて次のページがめくれない

静まり返った午後の教室    (松江)高木  渚

たのしくわかる量子力学    (松江)岩田 正之

◎その日からおらが町では大スター

週に一度は散髪に行く     (出雲)櫛井 伸幸

散歩するにもスーツ着込んで  (松江)小谷由紀子

オレオレ詐欺に騙されたフリ  (美郷)芦矢 敦子

トキの子四羽空へはばたき   (江津)江藤  清

◎うっかりと送信ボタンクリックし

ハンパないほど来た痩せるお茶 (益田)石川アキオ

◎将来は藤井聡太かひふみんか

通天閣に今日も灯がつく    (江津)花田 美昭

           ◇

 正之さんの句、上(かみ)七文字がすべてひらがなというところに、細かい配慮がうかがえます。努力しないで量子力学が分かるわけはないと思うのですが…。私の学生時代には、『涙なしのドイツ語』なんて参考書がありました。

          ◇

次は、今日の入選句を前句に選んで、五七五の付句。

          ◇

 8月第5週のスペシャルは、

  美少女の正体見たりおじいさん

という怪しげな前句に、七七をお願いいたします。

              (島根大学名誉教授)

2018年7月26日 無断転載禁止

こども新聞