農業現場の人材確保へ

 深刻化する農業の現場での労働力不足。山陰両県でも担い手農家らを支える人材の確保が喫緊の課題となっている。技能実習生を中心とする外国人労働者が存在感を高めつつある一方で、地元のJAや行政が労力支援や人材紹介に動き出すなど、労働力補完の仕組み作りの模索が続いている。(7月24日号)

全文は「山陰経済ウイークリー」誌に掲載。

2018年7月24日 無断転載禁止