益田市立鎌手小6年生 小学生にスマホ「賛成?」「反対?」

 益田市立鎌手小学校(同市西平原町)6年生はこのほど、国語の学習の単元「意見文を書こう」の中で、「小学生がスマホを持つのに賛成か、反対か」をテーマに取り上げ、全員が意見文をまとめました。結果は賛成8人、反対6人でした。賛成の主な理由は「迷子になったときや事件、事故、災害にあったとき、すぐ連絡できて便利」「いろいろなゲームが楽しめる」など、反対意見は「操作を間違えると、事件やいじめに巻き込まれるおそれがある」「ゲームをしすぎて大金を使う場合がある」などです。そこで、賛成、反対意見5編ずつを紹介します。


【賛成】

大きな災難発生時に役立つ 田中穂乃花

 私は小学生がスマホを持つことに賛成です。なぜなら、今はだれもがスマホを持つ世の中だからです。テレビでもスマホのCMがたくさん流れていて、しかもお年寄りまで使っているからです。

 私のおばあちゃんもその一人です。おばあちゃんは前はガラケーで、メールをするのも電話をするのも大変だったからです。だけど、スマホにしてからは、メールやラインに電話も簡単に操作しています。だから、大人やお年寄りがみんな使っているように、子どもにもスマホを使わせた方がいいと思います。

 もう一つの理由は、特に迷子になったときや一人の場合の事故、だれかにつきまとわれた場合などは、すぐに家の人や警察などに電話しないといけません。だけど、スマホを持っていなかったら電話も何もできません。そして、だんだん時間が過ぎていきます。そしたら、スマホがあればまだ助けられていたことが、手に負えないような大きな事件につながるかもしれません。

 子どもにはいらない、ゲームなどの依存症(いぞんしょう)になるなど、親からは必要ないなどと言われますが、大きな災難にあってしまえば何にもできません。電話などたくさんの機能があるスマホだからこそ、人を助けることもできると思います。だから、子どもにもスマホは必要なものだと思います。


今や生活に欠かせぬものに 田中 志穂

 最近、新しい機能を持つスマホが次々と開発され、私の周りでも使っている人が多くいる。私はまだ持っていないが、スマホは友達と話したり、ゲームをしたり、調べものができたりするので、今や生活に必要なものになっている。だから、私は小学生がスマホを持つことに賛成だ。

 第一の理由は、スマホ一つでゲーム、電話、買い物、音楽、カメラ、調べもの、メールなど、いろいろなことがたくさんできるからだ。

 第二の理由は、万一自分が事故や事件にあったとき、スマホがあれば時間をかけずにすぐ家族などに連絡できるからだ。それに、事件や事故、災害などがあったら、スマホのメールとかですぐに知らせてくれて、とても便利だからだ。

 小学生が持つと、ついついゲームをやり過ぎたり、トラブルになったりするかもしれない。それを防ぐためには親がちゃんと時間を決めておき、お金がかかるアプリなどは禁止にすればいいのではないだろうか。

 スマホには友達とゲームをしたりメールや電話をし合って楽しんだり、、調べものをしたりできる機能もある。中にはお金がかかってしまうものもあるが、それはあらかじめ時間を決めたりしておけばいいと思う。友達と楽しめるスマホは、小学生でも持っていてもいいと思う。


使い方に注意すれば大丈夫 松本 琴埜

 私は大人はスマホを持っているのに、なぜ子どもは持ってはいけないのか、疑問に思いました。私は子どももスマホを持っていいと思います。

 一つ目の理由は、子どもが習い事で帰りがおそくなるときや終わって家に帰ろうとした時、親とはぐれて迷子になった時などは、スマホで連絡すれば、今どこにいるか分かるし、すぐむかえに来てもらえるからです。

 二つ目の理由は、地しんや津波などの災害があったとき、親がいなくて外にいると被害にあってしまいます。でも、スマホがあれば、地しんや津波が来ると伝えてくれ、すぐひなんができます。

 私も以前、習い事が終わったとき、近くに公衆電話もなく、スマホも持っていなかったのですごく困りました。また、あるお祭りで迷子になって大変でした。

 確かに、子どもが勝手にゲームでお金のかかるアイテムなどをたくさん買ってしまうことがあるかもしれません。でも、そのときは親がスマホを使っていい時間を決めておいて、親の近くで音を大きくしてやればといいと思います。

 なぜなら、音を大きくすれば、ゲームによって「◯◯を購入ですか」と出るので、「はい」や「いいえ」のどちらかを押すと、音が鳴ってすぐ分かると思うからです。使い方に気をつければ被害にあわなくてもすみます。


親と相談して使うなら安心 岡本 珠莉

 今は小学生でもスマホを持つ時代になっています。だから、私は小学生がスマホを持っても別にいいのではと思います。

 第一の理由は、小学生でもスマホを持っている人が増えていて、その人たちはみな「便利だ」と言っています。調べてみると、小学生でスマホを持っている人は10人中9人で、残りの1人はお母さんのスマホを使っているという結果になりました。

 それに、スマホは持っているといつでもどこでも家族に電話ができたり、行きたいお店などを探すことができたりしてとても便利です。

 第二の理由は、スマホはゲームなどのアプリが入れられ、やってみると楽しいからです。あやしいアプリなどを入れるか入れないかは、親に見て判断してもらったら、危険なことはないと思います。

 サイトなども自分で気を付ければ大丈夫なのではないでしょうか。自分で判断できなければ、親に見てもらうことができます。私もスマホを持っていますが、親に見てもらっているので、安心して楽しくスマホを使っています。

 電話をするなら公衆電話を使えばいいと言われても、近くになかったら使えません。スマホを持っていればすぐに電話もできて便利だから、私は小学生でもスマホを持っていいと思います。


緊急のとき連絡できて便利 川崎 美宙

 スマホを持っていると電話をかけたりすることができ、とても便利です。だから、私は小学生でもスマホやけい帯電話などを持ってもいいと思います。

 一つ目の理由は、何かあったときにすぐ連絡ができるからです。公衆電話を使えばいいと言われるかもしれませんが、近くにない場合があり、すぐに連絡ができません。その点、スマホは何かあったときの連絡などにすぐに使えるからとても便利です。

 二つ目の理由は、「ポケ森」や「青おに」「モンスト」など、いろんなゲームができることです。たくさんの種類のゲームの中から自分が好きなゲームが選べて、通信などもできるからです。ゲームをしすぎないように、時間などを決めてするといいと思います。

 悪いサイトに入ったりするとこわいという人でも、「見守りけい帯」などを使えばいいと思います。見守りけい帯は電話やメールなどに使えるけい帯です。電話の中には緊急連絡みたいな機能があり、緊急などのときにそれを押せば警察などにつながります。それに、とてもコンパクトで、防犯ブザーなども付いています。

 スマホじゃなくても電話などができるので、スマホはダメというところは、見守りけい帯などでもいいのではないでしょうか。


【反対】

ゲームより勉強を最優先に 芝田 妃那

 近ごろ小学生が自分のスマホやタブレットなどを持ち始めている気がする。友達でも持っている人がいるけど、持っていると、宿題をするといっても勉強をせず、スマホのゲームで遊んだりするのではないだろうか。勉強をやめてまでゲームをするなら、スマホを持つ必要はない、というのが私の意見だ。

 第一の理由は、何かすることがあっても、ゲームを最優先するようになるからだ。勉強をしようとしても、ゲームが気になって勉強を後回しにしてしまうようになる。ゲームばかりして勉強をやらない。このようになると、勉強の内容が頭に入らない。勉強をせずにゲームで遊ぶなら、スマホは必要ではないと思う。

 第二の理由は、ずっとゲームばっかり続けてやっていると、依存症(いぞんしょう)になってしまうかもしれないからだ。ゲームばっかりするようになると、体力も落ちてしまうし、家族や友達とも話をしなくなる。ゲームが楽しいということは分かるけど、適度にゲームをやった方が楽しさも増すと思う。

 スマホは遠くに行ったときや道に迷ったときなどには役立つかもしれない。でも、ゲームにだけに使うなら話は別だ。ゲームで遊ぶことだけが楽しいわけではない。ゲームばっかりするのではなく、いろいろな人と関わって外で遊んだりするのも大切ではないだろうか。


子どもケータイだけで十分 佐々木芽莉

 私は、小学校の高学年になるとスマホをほしがる人がいるが、どうしてだろうと思う。意味はあるのだろうかと考えた。

 テレビや新聞に「インターネットでこわい目にあった」「いじめられた」「仲間外れにされた」などという言葉が多く出ているのに、それでもスマホを買うというのはどういうことなのだろうか。「子どもケータイ」という専用のものがあるが、それではだめなのかというのが私の意見だ。

 第一の理由は、自分がトラブルに巻き込まれても自分では何にもできないということだ。大切なものを買ってもらってトラブルに巻き込まれるということは、自分にとって損をすることになる。

 第二の理由は、親のお金を使ってまでスマホを使わなくてもいいし、アプリやライン、電話を長くやりすぎると、お金がたくさん必要になってくる。そうすると親に負担をかけることになる。

 もちろん、いつかはスマホを買わないといけない時が来るかもしれないが、今使うとしてもゲームや音楽を聴くなどでしか使わないと思う。いじめのこともあるし、トラブルに巻き込まれたくないので今はいらない。

 私たちの世の中は一層便利なもので埋めつくされていくが、その反対にもっとたくさんの事件が起こる可能性が高くなるということでもあると思う。


トラブルや事件にあう危険 江角慶之輔

 友達がスマホを使っているのを見て、ぼくは小学生にはまだ早いんじゃないかと思いました。スマホにはゲームもあってとても便利だけど、小学生には使い方などが難しくて、トラブルにあうんじゃないかと思いました。だから、小学生がスマホを持つ意味はないというのがぼくの意見です。

 一つ目の理由は、小学生はスマホでゲームをして、無料アイテムなどにつられて、知らないうちにお金がかかるアイテムを買いすぎて、大金を要求されることがあるからです。いくらゲームが楽しくても、そこまでする必要はないと思います。

 二つ目の理由は、大人は仕事などで使うかもしれないけど、小学生は電話をあまりしないし、家の電話だけですむからです。もし家の電話がない場所では、公衆電話や子どもけい帯などを使えばいいと思います。

 スマホでゲームや電話をしたい人もいるかもしれませんが、子どもは遊び半分の気持ちで使って事件に巻き込まれることがあるので、子どもはスマホを持たない方がいいと思います。

 浮かれた気持ちでゲームをしていると、大きな事件に巻き込まれてしまいます。また、自分で生活がコントロールできなくなって、不登校になったりします。自分の将来のことを考えながら生活していくことが大切だと思います。


使い方を誤れば命の危険も 林 琉維

 ぼくは、ネットで知り合った人に殺されたという事件をテレビで見て、スマホでも同じことが起こるのではないかと思った。スマホを電話として使うなら、家の電話か近所で貸してもらうか、公衆電話を使えばいいというのがぼくの意見だ。

 一つ目の理由は、ネットで知り合った人に殺されたという事件では、犯人が「サイトで知り合った」と述べていたからだ。ぼくはネット上ではいい人かもしれないが、後で裏切られることもあると思う。

 二つ目の理由は、サイトではなく実際に会ってみないと、相手がどんな人かは分からないと思うからだ。

 外国で「サイトで知り合って、しかもいい人です」と言っていても、実際に会ってみると、サイトと違う顔や体格という人がたまにいるのをテレビで見たことがあるし、サイトと同じでも、会ってみて裏切られたという人もいる。だから、ぼくは、実際に会い、サイトで少し出会うのは信じられるけど、会わずして恋をしたという人は大体がだまされていると思う。

 スマホは便利だけど、使い方を少しでも間違えれば、サイト仲間に裏切られ、最悪の場合には命を落とすことになりかねない。時にはスマホから離れ、外で友達と遊んで運動をすると体の健康にもいいし、友達も増えると思う。


使うにはまだ早く危険多い 千葉 心咲

 私は小学生がスマホを持つのには反対です。理由は、小学生がネットを利用したり、スマホを使ったりするのはまだ早いと思うからです。

 また、小学生だからあやまって危ないサイトに入ってしまったり、チャットなどをしたら、自分や他の人の個人情報が相手に知られる恐れがあるかもしれないからです。

 それから、友達や家族にメールをするときに自分の気持ちが相手にうまく伝わらなかったら、誤解され、気まずくなるかもしれません。だから、直接会って話をしたり、家にある電話で話したりしたらいいと思うからです。

 確かに、スマホを持った方が便利かもしれませんが、危ないサイトに入ったりしたら、取り返しのつかないことに巻き込まれるかもしれないからです。

 スマホで遊んだり、メールをしたりするのはいいですが、まだ小学生だから外に出て遊んだほうがいいと思いました。

2018年7月26日 無断転載禁止

こども新聞