伝統行事「ぶつかりみこし」の動画を公開

ぶつかりみこしの動画を説明する福間徹さん
 松江市宍道町在住の若者でつくる「宍道の未来を考える若人会」が、地域の伝統行事「ぶつかりみこし」のPR動画を作った。動画投稿サイト・ユーチューブに公開し、祭り当日の28日の来場者を呼び込む。福間徹代表(32)=松江市宍道町宍道=は「千年以上続く伝統行事の面白さを後世に残したい」とする。

 ぶつかりみこしは、876年から続く氷川神社(松江市宍道町宍道)の祭り「れんげさん」最終日の28日夜に執り行う。神社から出発するみこしが再び神社に戻るのを防ごうと30人の「人壁」が道をふさぎ、八雲本陣(同)前でぶつかる。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年7月26日 無断転載禁止