中国で幻の日本語雑誌発見 45年8月創刊、終戦で1号限り

 上海で1945年8月に創刊された雑誌「新大陸」の表紙(秦剛さん提供)

 1945年8月1日に中国・上海で創刊号が刊行され、終戦により1号限りで幕を下ろした幻の日本語雑誌「新大陸」が北京の中国国家図書館で見つかったことが、27日までに分かった。当時、上海に暮らした作家堀田善衛さん(18~98年)の全集未収録の随筆も掲載されている。インフレと物資不足で混乱する終戦間際の上海で、なお戦意高揚を掲げた誌面と、戦後を見据えた堀田さんの冷静な筆致が対照的だ。

 北京外国語大の秦剛教授(日本近代文学)が今年初め、存在を確認した。秦さんによると、当時上海で刊行されていた日本語誌4誌を統合し、陸海軍報道部や日本大使館の指示で創刊された。

共同通信社 2018年7月27日 無断転載禁止