将棋の大山康晴賞に許、真田両氏 日本将棋連盟が発表

 日本将棋連盟は27日、将棋の普及や振興に貢献した個人や団体をたたえる「第25回大山康晴賞」の受賞者を発表した。個人は許建東氏(55)=中国上海市在住=と、真田尚裕氏(85)=神奈川県鎌倉市在住=を選んだ。

 許氏は上海市で20年以上にわたり、普及活動を展開。真田氏は「将棋を世界に広める会」の理事長を務め、海外で普及事業を行った。

 団体は公式戦の銀河戦を主催する囲碁・将棋チャンネル(東京都千代田区)、「将棋まつり」を開催する京急百貨店(横浜市)を選出した。

共同通信社 2018年7月27日 無断転載禁止