国内最高齢の田中カ子さん感謝 115歳、「みんなのおかげ」

 国内最高齢者となり記者の取材に応じる田中カ子さん=27日、福岡市

 国内最高齢者となった115歳の田中カ子さんが27日、入居している福岡市東区の有料老人ホームで取材に応じ「びっくりしている。みんなのおかげです。どうもありがとう」と感謝を述べ、何度も頭を下げた。

 田中さんは1903(明治36)年1月2日生まれ。市内の米屋に嫁ぎ、子宝にも恵まれた。孫やひ孫は「数えられん」。現在は耳が遠く補聴器を付けているが、シルバーカーを押しながら自分で食堂やトイレにも行く。

 スタッフによると、田中さんは甘い物が好き。朝食後のオセロ風ゲームが日課。

 「おいしい物を食べて勉強して、これ以上ありません。あと5年は頑張りたい」と笑顔で話した。

共同通信社 2018年7月27日 無断転載禁止