東電、福島に廃炉資料館 原発事故の記録を展示

 福島第1原発事故の記録を展示する「東京電力廃炉資料館」のイメージ

 東京電力は27日、福島第1原発事故の記録を展示する「東京電力廃炉資料館」を11月末、福島県富岡町に開館すると発表した。東電が一般向けに廃炉に関する施設を設置するのは初めて。

 運営する東電福島本社の大倉誠代表は記者会見し「事故を二度と起こさないための反省と教訓を示したい」と話した。

 資料館では、東日本大震災発生時の中央制御室の再現ドラマを放映するほか、汚染水対策をプロジェクションマッピングで紹介する。2階建てで、展示面積は約1900平方メートル。入館料は無料。

 原発のPR用に使われた東電の施設を改装する。

共同通信社 2018年7月27日 無断転載禁止