世界のオザワ、9カ月ぶりに指揮 長野で国際室内楽アカデミー公演

 約9カ月ぶりに指揮を執った小澤征爾さん=28日、長野県山ノ内町(大窪道治氏撮影、2018OICMA提供)

 世界的指揮者の小澤征爾さん(82)が28日、長野県山ノ内町のホール「森の音楽堂」で開かれた「小澤国際室内楽アカデミー」の奥志賀公演に出演し、約9カ月ぶりに指揮を執った。昨年10月の水戸市での公演後は体調面の不安から降板が続き、4月には大動脈弁狭窄症の手術も受けたが、約300人の観客の前で復活をアピールした。

 小澤さんの指揮は事前に公表されておらず、登場の瞬間は観客から驚きの声が上がった。披露したのはベートーベン「弦楽四重奏曲第16番ヘ長調第3楽章」。舞台に用意されたいすに座りながら、アカデミーの生徒ら28人に向かって指揮を執った。

共同通信社 2018年7月28日 無断転載禁止