ロ大統領、ベスト8の監督に勲章 サッカーW杯で

 28日、モスクワのクレムリンでサッカー・ロシア代表のチェルチェソフ監督(右)に勲章を授与するプーチン大統領(タス=共同)

 【モスクワ共同】ロシアのプーチン大統領は28日、モスクワのクレムリン(大統領府)で、15日に閉幕したサッカーのワールドカップ(W杯)でベスト8に進出したロシア代表チームの監督や選手らに勲章などを授与した。

 勲章を受け取ったのはチェルチェソフ監督、主将のGKアキンフェーフ選手、選手最年長で39歳のDFイグナシェビッチ選手。その他の選手やコーチらは大統領表彰の賞状を受け取った。

 ロシア代表は大会前には「代表史上最弱チーム」と地元メディアに酷評されていたが、予想を上回る快進撃で大会の盛り上げに貢献した。

共同通信社 2018年7月29日 無断転載禁止