木村沙織さん 松江でトークショー ロンドン五輪思い出も

「上達のこつは楽しむこと」と話す木村沙織さん=松江市朝日町、松江テルサ
 バレーボール日本女子代表でエースとして活躍した木村沙織さん(31)のトークショーが28日、松江市朝日町の松江テルサであり、上達する秘訣に「楽しむこと」を挙げ、親子連れのファンら約500人との交流を楽しんだ。

 木村さんは17歳で代表入りしアテネ、北京、ロンドン、リオデジャネイロと五輪に4度出場。ロンドンではエースとして銅メダル獲得に貢献し、リオでは主将を務めた。2017年に引退。各地でバレーボールの魅力を伝えている。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年7月29日 無断転載禁止