特大スイカのポンチに笑顔、富山 入善町の特産をPR

 「入善ジャンボスイカ」を使ったフルーツポンチを見る子どもたち=29日午後、富山県入善町

 富山県入善町で特産品の「入善ジャンボスイカ」をPRするため、スイカ入りのフルーツポンチを振る舞うイベントが29日開かれ、フルーツポンチの甘みに笑顔が広がった。

 ジャンボスイカは重さ約20キロで、ラグビーボールのようなユニークな形が特徴。フルーツポンチはスイカの中身をくりぬいて器として使い、同町産の桃やブルーベリーなども加えた。

 イベントは昨年に続き2回目。町の地域おこし協力隊などが開き、約30人が参加した。

共同通信社 2018年7月29日 無断転載禁止