隅田川花火大会、1日遅れで開催 大輪、東京下町の夜空彩る

 夜空を彩る隅田川花火大会の花火と東京スカイツリー=29日夜、東京都台東区

 東京・下町の夏の風物詩、隅田川花火大会が29日、東京都台東区と墨田区をまたぐ会場で開かれ、約2万発用意された花火が夜空を彩り、約87万4千人(主催者発表)の見物客が楽しんだ。41回目の今回は、台風12号の影響で当初予定していた28日から1日遅らせての開催となった。

 台風が離れた後は晴れ、午後7時ごろにバンバンと音が響いて、打ち上げが始まった。見物客は夜空を見詰めて「きれい」と歓声を上げ、写真を撮るなどしていた。

 例年7月の最終土曜日に実施しているが、東京五輪のある2020年は7月11日に前倒しする。

共同通信社 2018年7月29日 無断転載禁止