パーキンソン病iPS治験8月に 世界初、保険適用目指す

 人の皮膚から作ったiPS細胞(山中伸弥教授提供)

 人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から神経のもとになる細胞を作り、パーキンソン病患者の脳内に移植する治験を実施する高橋淳・京都大教授のチームは30日、治験を8月1日から始めると発表した。パーキンソン病でのiPS細胞を利用した治験は世界初となる。患者数人を募集し医師主導治験を開始し、新たな治療法として保険適用を目指す。患者団体からは治療の選択肢が広がると期待の声が上がるが、iPS細胞にはがん化の懸念もあり、慎重な実施が求められそうだ。

 詳細は30日午後3時から京大で記者会見し説明する。

共同通信社 2018年7月30日 無断転載禁止