(7月22日~28日)鳥取

「名探偵コナン」の記念オブジェの前で記念撮影する来場者=鳥取市湖山町西4丁目、鳥取空港
 ◆鳥取空港リニューアルオープン

 「鳥取砂丘コナン空港」の愛称で親しまれている鳥取空港(鳥取市湖山町西4丁目)が28日、リニューアルオープンした。現地で記念式典があり、人気漫画「名探偵コナン」の登場人物をかたどった新たなオブジェが披露されたほか、新規店舗が営業を開始した。空港利用者に加え、立ち寄り観光客の増加も目指し、待合室の拡張や飲食店舗など4店を増築した。総工事費は8億9千万円。

 ◆境港で夏の風物詩・みなと祭

 境港市の夏の風物詩「みなと祭」が22日、同市一円であった。境水道での漁船による水上パレードのほか、みこし行列がリニューアルオープンした水木しげるロードを練り歩くなど、多彩なイベントが繰り広げられ港町が熱気に包まれた。官民で組織する実行委員会(会長・中村勝治境港市長)が主催し、73回目。夜は境水道で花火2千発を打ち上げ締めくくった。

 ◆日南町の「J-クレジット」、販売量累計1千トン突破

 企業の二酸化炭素排出量を町有林のCO2吸収量で相殺する日南町の「J-クレジット」販売量が累計1千トンを超えた。24日、建築設計業のプラスエム設計(米子市両三柳、山中省吾社長)と50トン(約40万円)の売買契約を結び大台に乗せ、関係者が取り組みの推進に意欲を新たにした。

 ◆鳥取城北、3年ぶり夏の甲子園へ

 第100回全国高校野球選手権鳥取大会最終日は25日、鳥取市布勢のコカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパーク野球場で決勝があり、鳥取城北が8-0で米子西を下し、3年ぶり5度目の甲子園出場を決めた。

 ◆やくも8月1日運転再開

 JR米子支社が27日、西日本豪雨で被災し一部不通となっている伯備線を8月1日、全線復旧するとの見通しを示した。特急「やくも」(岡山-出雲市)、サンライズ出雲(東京-出雲市)を含むすべての列車を、同日始発から通常運行する。当初8月中旬としていた運転再開時期が半月早まり、帰省客らで混雑するお盆には間に合う見込み。同支社によると、伯備線は西日本豪雨で5日から運休。線路への土砂流入や変電所水没などの被害に見舞われ、豪渓-上石見間で復旧作業が続いている。

 ◆米子城跡でライトアップ始まる

 国史跡・米子城跡(米子市久米町)のライトアップが27日に始まり、金色に染まった石垣が宵の空に浮かび上がった。ライトアップ「夏の陣」と称し、8月19日まで続く。市民に城跡に対する愛着を持ってもらおうと、米子市と教育委員会が2016年に始めた。これまでは秋のみだったが今年は大山開山1300年祭、山の日記念全国大会開催とも関連し夏も実施することにした。

2018年7月30日 無断転載禁止