甲子園、桐蔭と日大三が出場切符 慶応と創志も、56代表出そろう

 第100回全国高校野球選手権大会の北大阪大会を制し、大喜びする大阪桐蔭ナイン=30日、大阪市の大阪シティ信用金庫スタジアム

 第100回全国高校野球選手権大会(8月5日開幕・甲子園)の地方大会は30日、4大会で決勝が行われ、史上初となる2度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭(北大阪)は大院大高を23―2で下し、2年連続10度目の出場を決めた。日大三(西東京)慶応(北神奈川)創志学園(岡山)も切符をつかみ、史上最多の56代表校が出そろった。8月2日に組み合わせ抽選会が行われる。

 昨年に続いて代表を勝ち取ったのは、優勝した花咲徳栄(北埼玉)や準優勝の広陵(広島)など18校。

 初出場は中央学院(西千葉)白山(三重)明石商(西兵庫)奈良大付、折尾愛真(北福岡)沖学園(南福岡)の6校。

共同通信社 2018年7月30日 無断転載禁止