サッカー代表戦は五輪スタッフで 9月の国際親善試合

 サッカー日本代表の森保一監督は30日、東京都内の日本サッカー協会でスタッフ会議を開き、9月7日のチリ(札幌ドーム)、11日のコスタリカ(パナソニックスタジアム吹田)との国際親善試合は東京五輪の代表スタッフで率いることを確認した。「オリンピックとA代表の二つの仕事をやってもらうので、それを説明した」と話した。

 8月のジャカルタ・アジア大会では五輪年代となるU―21(21歳以下)日本代表を率いる。「大体固まった」というメンバーは8月3日に発表予定で、その中から9月の日本代表に招集する選手も「(可能性は)ゼロではない」と話した。

共同通信社 2018年7月30日 無断転載禁止