甲子園出場の鳥取城北高校野球部 平井知事に夢舞台活躍誓う

平井伸治知事(左)と話す片山隼主将(左から3人目)ら
 第100回全国高校野球選手権鳥取大会で優勝し、3年ぶり5度目の甲子園出場を決めた鳥取城北高野球部の片山隼主将らが30日、鳥取市東町1丁目の県庁を訪問し、平井伸治知事に夢舞台での活躍を誓った。

 訪問したのは片山主将、山木博之監督、中島悠貴部長、石浦外喜義校長の4人。同部は今大会、ノーシードから勝ち進み、米子西との決勝は完封で甲子園出場を決めた。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年7月31日 無断転載禁止