益田東高校野球部主将ら 甲子園出場を溝口知事に報告

溝口善兵衛知事(左)に甲子園出場を報告する荻野竜志主将(中央)と乾颯汰副主将
 第100回全国高校野球選手権記念島根大会で18年ぶり4度目の優勝を果たした益田東高校野球部の荻野竜志主将(17)と乾颯汰副主将(18)らが30日、松江市殿町の県庁に溝口善兵衛知事を訪ね、甲子園出場を報告した。

 益田東はバッテリーを中心にした堅い守りと集中打で勝ち進み、シード校の開星、立正大淞南、石見智翠館を破り、39校の頂点に立った。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年7月31日 無断転載禁止