人間型ロボットが相づちや質問 大阪大チームが公開

 話し相手に相づちを打ったり質問したりして、自然な対話ができる人間型ロボットを大阪大の石黒浩教授らのチームが開発し、日本科学未来館(東京都)で31日、報道陣に公開した。石黒さんは「人間らしい動きに近づいてきた」と話した。

 人工知能(AI)を搭載した女性型で、3年前に開発した「ERICA(エリカ)」を改良。これまでは質問に答えるだけだったが、カメラやマイクで相手の表情や声色を読み取り、「すてきですね」と共感したり、発言を掘り下げる質問をしたりして、なめらかに対話を続けられる。

 また高さ約120センチで子供型の「ibuki(イブキ)」も初披露した。

共同通信社 2018年7月31日 無断転載禁止