やくも再開 集客策強化 鳥取観光 情報発信や宿泊割引

西日本豪雨で宿泊施設の予約キャンセルが相次ぐ中、集客対策について意見を交わす出席者=倉吉市山根、倉吉シティホテル
 西日本豪雨の影響で宿泊施設の予約取り消しが相次いでいることを受け、鳥取県の平井伸治知事が31日、倉吉市内で観光関係者らと意見交換会した。官民が連携し、1日に運転が再開されるJR伯備線の特急「やくも」を利用した集客対策や情報発信に力を入れることを確認した。

 行政、経済関係を含む20団体の出席があり、23日現在で県内の宿泊施設の予約キャンセルは9060件に上り、関西圏からの旅行先で西日本から東日本にシフトする動きがあることなどが報告された。平井知事は関西圏での新聞広告やキャラバンの実施で挽回に努めると強調。県観光連盟は一定の条件付きでインターネット旅行予約サイトを使って県内宿泊の割引クーポンを発行するとした。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年8月1日 無断転載禁止