二酸化炭素濃度17年に過去最高 米政府機関報告、温暖化が進行

 1981~2010年の平均と比較した2017年の世界の平均気温。濃い赤ほど高い(米海洋大気局提供・共同)

 【ワシントン共同】米海洋大気局(NOAA)などの国際チームは1日、地球温暖化に大きな影響を及ぼす二酸化炭素(CO2)の2017年平均の大気中濃度が過去最高だったとする報告書を公表した。世界の平均気温も観測史上2~3番目の高さ。「さまざまな指標が、温暖化が進行していることを示している」と指摘した。

 報告書によると、17年の平均CO2濃度は405ppm(1ppmは100万分の1)で、過去最高だった16年を2・2ppm上回った。深刻な温暖化影響を避けるには、420ppm程度に抑えることが必要だと考えられている。

 世界の平均海面は1993年比で7・7センチ高い。

共同通信社 2018年8月2日 無断転載禁止